住まいにとって縁の下の力持ち!排水のおはなし♪Part2

 こんにちは! エールハウス藤沢店スタジオ、リフォーム・リノベーションアドバイザーの川西です。

 さて、前回に引き続き、『建物の排水設備』のお話しをさせていただきます。今回は、実際に排水設備で起こる不具合に対してのメンテナンスや修繕方法を重点的にお話いたします。

 排水の不具合でよくあげられるのがトイレの詰まりではないでしょうか?

 そこでよく使われるのが、みなさんご存知のラバーカップ

 『スッポン』だとか『パッコン』とか『カッポン』とか地域によっても違うと思いますが、大体は使用した際の音のニュアンスで呼ばれるようで、ほとんどの方がこの通称なのではないでしょうか。

ラバーカップ

 話がそれましたが、ラバーカップは、便器の排水が詰まってしまった時に使います。便器トラップ(封水・水たまり)内の詰まった物を、このラバーカップの吸引で一旦手前に引き寄せて隙間を作り、流れを解消させてあげる仕組みになっています。

TOTO HPより

 前回もお話したトラップ(封水)ですが、便器の中にもこの曲がりくねったトラップ構造があり、便器には常に水が溜まっている状態になっています。曲がりがある構造なので、一度にたくさんの物を流すと、詰まりやすい状態になります。

 また、昨今の超節水タイプの便器は一度に流す水量がかなり少なくなっているので、トイレットペーパーを一度に多く流すと旧型のものより詰まり易くなってしまいます。

 

トイレでの排水詰まりが発生したら!!

 つぎの順に調べてみましょう!

①排水枡の蓋を開けてみる

 外部にあるトイレからの排水管が接続されている排水枡の蓋を開けてみましょう(多くの場合トイレに隣接している外部の排水枡がトイレの枡です)。

排水桝の蓋

 蓋をあけて見て、そこに汚物やトイレットペーパーが溜まっているのでしたら、詰まりはトイレではなく外部の排水管のいずれかで詰まっています排水管部分での詰まりの原因へ

 

②トイレの水を流してみる

 外の排水枡で詰まっていなければ、一度トイレの水を流してみましょう。

 外の排水枡に流したトイレの水が、チョロチョロとしかでてこないようならトイレ器具か枡までの間の排水管で詰まっていますので、ラバーカップで吸引してみてください

 これで直らなければ、便器を一度取り外して詰まりを取るか排水管の高圧洗浄で配管内の詰まりを取るかの解決法になります。

 

排水管部分での詰まりの原因

  • 排水管内に木の根っこが育ち、そこに汚物が引っかかり水が流れなくなってしまった場合
  • 枡と排水管の接続部の隙間から水が地面に漏れ、沈下して接続部が完全に陥没しその段差に汚物がひっかかってしまう場合

 上記二つの原因が多く見受けられます。いずれもコンクリート製の枡の場合に起こる不具合ですので、高圧水洗浄で詰まりは直っても、原因が改善出来ない時は、コンクリート枡の補修や交換が必要になる場合があります。

 

排水の高圧洗浄とは

 高圧洗浄機は 最大使用圧力14.7Mpaの静音設計の物ですので、ご近隣様への配慮も安心です。

高圧洗浄機

 洗浄機自体は外壁塗装の際に使用する洗浄機と同じ物ですが、排水の洗浄はその洗浄ホースに仕組みがあります。

洗浄ホース

 外壁塗装などに使われるものは高圧ホースに、トリガーガンとランスと言われるノズルを施工部位によって使いわけて使用します。排水洗浄に使用するホースは耐圧ホースにステンレスワイヤーを編みこんである物を使い、先端に写真の様なノズルを装着します。

洗浄ノズル

 このノズルが高圧の水を逆噴射させながら、配管内にこびりついた油・皮脂・尿石などの汚れを掻き落としながら自走していきます。掻き落とされた汚れは水と一緒にどんどん流されて行くのです。

 どろどろに流れてきた汚れが洗浄していくうちに綺麗な水に変わっていきますので、非常に浄化された感がわかり気持ちが良いです。

 3年~5年で一度施工するのが理想的ですが、お住まいの人数家族構成、油料理が多いかなどで前後するので、やはり定期的な点検が必要かと思います。

 

排水桝の改修

  もし、排水枡の欠損や不具合などで改修する場合はどのような形で改修するか、まとめてみました。

 

1、既存枡の解体》     

 周囲が土であれば周りを掘りこみ、はつり機でコンクリートを削岩解体します。※周囲がコンクリートの場合は解体範囲にダイヤモンドカッターで切り込みを入れ、土間コンクリートを解体してからこの作業に移ります。

既存枡の解体

既存枡解体後

 

《2、新しい排水桝の接続》

 これが新しい排水枡です。150mm系の塩ビ製ですので、コンクリート枡よりもコンパクトになります。

新しい排水桝

 一方の排水管に接続して行きます。排水管用の接着剤にてしっかり溶着します。

 相互の塩ビを溶かして一体化するので、これでコンクリート枡のように枡と配管の間に隙間が出てくることも今後ありませんね。

排水管の接続

 そしてもう一方の排水管と接続するのですが、ここで必要になるのが、このやりとり管という部品です。

やりとり管

 この部品を配管に接続すると、このやりとり管が伸縮するようになるので、位置が変えることの出来ない既設配管にも、余計な工事をしないで再接続することが可能になります。

やりとり管の接続1

 この部品をつけるのがちょいと力仕事です。

やりとり管の接続2

 やりとり管を接続します。まず、片方の管にやりとり管を接続して、その後にもう一方の管にやりとり管をスライドさせて接続します。

 ハンマーを使って確実にアジャストさせます。

やりとり管の接続3

 これで既設の排水管としっかりやりとりすることが出来ましたね。

やりとり管の接続4

 あとは残りの配管もしっかり接続します。

他の配管接続

 

3、埋め戻し》

 土を埋め戻して完了となります。

埋め戻し

 本来は地面と同じレベルで蓋の高さを揃えるのですが、今回はこの後コンクリートを打設して嵩上げするので、仮に高く配管を立ち上げています。コンクリートを打設したらレベル高さを合わせて切断します。これで終了となります♪

 

 横浜・藤沢・湘南エリアでリフォーム・リノベーション・新築をお考えの際は、お気軽にエールハウスまでご相談下さい!

お問合せ

 

 エールハウスでは、『皆様の暮らしが快適で笑顔があふれる住まいづくり』をきめ細かくお手伝いさせて頂きます。

 エールハウスの各スタジオでは、常設で水廻り設備などを展示しています。お住まいのご相談やスタジオ見学など、お気軽にお近くのエールハウススタジオへお立ち寄りください。皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております(^^)/

 

★スタジオ情報は下のスタジオ写真をクリック★

湘南店スタジオ

旭店スタジオ

藤沢店スタジオ

 

★各スタジオの紹介動画もYouTubeにて公開中です★

旭店スタジオ★キッチン紹介

湘南店スタジオ★キッチン紹介

藤沢店スタジオ★システムバス紹介

 この他にも、様々な動画を公開中です!

新築物件紹介

中古マンションリノベ

インスタにて施工写真公開中♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です