意外と見落としがち?雨樋の重要性についてお伝えします!~その➀~

皆様こんにちは。エールハウス藤沢店二級建築士の新井田です。

お客様宅に下見にお伺いした際、お仕事に家事に育児にと、人それぞれお忙しい日々の中でご自宅の異変・不具合に気づかないとのお声を良く耳にします。普段お使いになるキッチンなどの水廻りはご不満点・不具合には気づきやすいかと思いますが、外装などの外周りは見落としがちな部分だと思います。

それでも外壁や屋根の不具合や劣化については目で見てある程度わかる部分ではありますが、雨樋の劣化や不具合ってどうしても見落としがちになってしまいます。外装の中では雨樋は地味な存在ですが、雨樋の存在って凄く重要なんです。

そんな雨樋の重要性につい、て今回と次回に分けてご紹介いたします。

雨樋のはじまり

今では雨樋が付いているのが当たり前のように普及していますが、いつから住宅に取り付けられるようになったのでしょうか。

雨樋について調べてみると、起源は平安時代後期に作られた歴史物語「大鏡」の仲の花山院家造りの一節、「あわいに“ひ”をかけて涼し」という記述にヒントが見られます。

この文中の“ひ”は“樋”を意味し、当時の建築様式であった多棟住宅の谷の部分「あわい」に取付けた「受け樋」であろうと考えられています。

当時の「受け樋」は「懸樋(かけひ)」ともいわれ、雨水を排水する役目よりも、むしろ飲料水や生活用水として貴重であった雨水を、屋根から水槽に導く「上水道」の役割を果たしていたようです。

最古の現存する排水用雨樋は奈良時代(733年)に建立された東大寺三月堂の木製樋だと言われております。

日本の住宅の中で歴史深く、付いているのが当たり前と思われる方も多いかと思います。しかし、そのための役割や機能については意外と知られていないと感じています。

雨樋とは、何でしょう?

知らない方も多いと思いますので、雨樋について簡単にご説明します。雨樋とは屋根に降り注ぐ雨水を一箇所にまとめ、樋を通じて排水設備に流す役割を持つ部材の総称です。

  • 軒樋:屋根の軒先(水下)に沿って取り付けされている部材を軒樋といい、屋根に降り流れてくる水を受けています。
  • 竪樋:軒樋から外壁に沿って下の地面又は雨水ますなどの雨水排水に流す部材を竪樋といいます
  • 集水器・ドレン:軒樋と竪樋の接合部にあたり、軒樋受けた水を集める目的で取り付けられる部材を集水器またはドレンと呼びます。

雨樋は、軒樋・竪樋・集水器(ドレン) おもにこの3つ部材で構成されています。

また大屋根から落ちた竪樋の先に下屋がある場合、下屋の軒樋まで竪樋を伸ばします。

下屋を伝う竪樋を這い樋と呼んだりもします。

雨樋の形状

昔からある典型的な雨樋形状で、価格帯が安価なのが特徴です。築20年を超える建物の大半がこの形状です。

角型

最近では主流の形状で、半円型に比べ流水量を多く確保出来ます。価格は半円型に比べ少し高価になります。

特殊型

積雪の多い地域でも壊れないよう特殊な形状をした雨樋もあります。関東圏ではほとんどつけることはありませんが、雪国では取り付けの多い形状です。

雨樋の素材

塩化ビニール樹脂

 価格が安価で加工もし易いのが特徴ですが、耐候性が低い為壊れやすいデメリットがあります。

合成樹脂

塩化ビニールと似ていますが、樹脂表面に紫外線劣化に強い処理をしている為、塩化ビニールより耐久性が高いのが特徴です。近年の樹脂製雨樋の中でも、Panasonic製の雨樋は中に鉄芯を入れることで強度のある雨樋を製品化しており、弊社でも取り扱うことが多いです。

また、吊り金具もステンレスよりも曲がりにくく、カーポートの屋根と同じ素材のポリカーボネート製の吊り金具に変わってきています。

金属製

使われている金属にも種類がありますが、近年外壁や屋根材としても使われているガルバリウムや銅・アルミ・ステンレスなどがあります。樹脂製のものより耐久性が高く、変形がしにくいので比較的長く使うことが出来ます。

また、継ぎ目が出来にくいのも良い点ですが、金属の為価格は樹脂に比べかなり高額になります。

 

いかがでしたか?エールハウスでは屋根点検なども無料で実施しております。是非お声掛け下さい。

 

 エールハウスでは、建築士、インテリアコーディネーター、また整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト等の住まいに関わる資格を持った女性スタッフがおります。是非、お気軽にご相談ください!

お問合せ

 


 

 エールハウスでは、『皆様の暮らしが快適で笑顔があふれる住まいづくり』をきめ細かくお手伝いさせて頂きます。

 エールハウスの各スタジオでは、常設で水廻り設備などを展示しています。お住まいのご相談やスタジオ見学など、お気軽にお近くのエールハウススタジオへお立ち寄りください。皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております(^^)/

 

★スタジオ情報は下のスタジオ写真をクリック★

湘南店スタジオ

旭店スタジオ

藤沢店スタジオ

 

★各スタジオの紹介動画もYouTubeにて公開中です★

旭店スタジオ★キッチン紹介

湘南店スタジオ★キッチン紹介

藤沢店スタジオ★システムバス紹介

 この他にも、様々な動画を公開中です!

新築物件紹介

中古マンションリノベ

インスタにて施工写真公開中♪

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です