建築のプロがオススメする暖房機Part1 ~寒い冬を快適に過ごしましょう~

 こんにちは! エールハウス藤沢店、二級建築士の廣橋(ヒロハシ)です。

 台風19号が過ぎ去ってから一気に秋らしくなりましたね。各地で甚大な被害が出ており、藤沢店エリアでも屋根が被災した方が多くいらっしゃいました。被災された方々の一日も早い復旧を心より願うばかりです。

暖房器具

 さて、10月も中旬を過ぎてくると朝晩はだいぶ冷え込むようになってきました。

 冬を快適に過ごせる家にする為には、以前より何度かブログでご紹介しております『断熱・気密をしっかり(断熱・気密の紹介ブログはコチラ)取る事』が重要です。

 しかし、いくら断熱・気密をしっかりしても、熱源が無ければ当然寒いままです。

 世の中には様々な暖房器具がありますが、2大暖房器具のメリット、デメリットをご紹介していきたいと思います。

1.開放型石油ストーブ、ガスファンヒーター 

 一番良く使われていると思われるものが「石油ストーブ」です(ガスファンヒーターは石油の代わりにガスを燃焼させているので仕組みはほぼ同じですね)。

石油ストーブ

 やはりメリットも多く、灯油もどこでも手に入り、本体も比較的安価で高性能な物が手に入り、どこにでも移動可能です。かつ、すぐに部屋を暖めてくれる点でオススメですね。

 しかしメリットの多い石油ストーブとはいえ、実は家にとってはデメリットもあります。

 灯油を燃焼する際に大量の水蒸気も室内に排出しています。高温多湿の空気が断熱性能の低い外気に面した壁や非暖房室に流れ込むと結露を起こして、カビなどの発生に繋がっていきます。

結露を起こします

結露を起こします

 また微量ながら一酸化炭素や窒素酸化物も排出しており、室内を締め切ったままで換気を行わないと人体にも影響を及ぼしますので、使っている方はきちんと室内の換気を行ないましょう!

 

暖房機能:◎ イニシャルコスト:○ ランニングコスト:○ 家や人体への影響:×

 

2.エアコン

 今や一家に数台は当たり前になってきた冷暖房気ですね。価格帯も安価な物から多機能の高価格帯のものまで様々です。

エアコン

エアコン

 開放型ストーブの様に空気を汚さないのですが、開放型ストーブと比べてしまうと暖まるのに時間がかかるように感じてしまいますね。

 エアコンの電源は専用回路を必要としますので、新設の際にはエアコン本体と設置費用以外にも電源の取り出し工事が別途かかってしまう場合もあるので、イニシャルコストが上がってしまう場合もあります。

エアコン専用回路

エアコン専用回路

 また皆様からよく言われるのが「エアコンを使うと乾燥する」というご意見ですが、開放型ストーブ以外の暖房器具を使う場合には「相対湿度」は下がるので、乾燥した様に見えますが、元々冬だから乾燥しているのであってエアコンが原因ではないんですよ!

 冬は確かに「乾燥」しているので適度に加湿して部屋を温めましょう。

暖房機能:△ イニシャルコスト:△~○(設置条件により) ランニングコスト:○(年代が古いものは電気代かかりますよ!) 家や人体への影響:○

 

 いかがだったでしょうか。今回は一番身近な暖房器具2種類をご紹介しました。次回は珍しい暖房器具などもご紹介していきたいと思います。

 暖かい家にしたいと言う方は是非エールハウスにご相談下さい。最適なご提案をさせて頂きます!

  横浜・藤沢・湘南エリアでリフォーム・リノベーション・新築をお考えの際は、お気軽にエールハウスまでご相談下さい!

お問合せ

 

 

暖房器具

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です