エールハウス湘南店の建て替え工事!【建て方工事編】@横浜市金沢区

こんにちは!リノベーションアドバイザーの荒川です。

さて、前回までのブログでもご紹介させていただきましたが、私どもエールハウスの店舗の一つである『湘南店(横浜市金沢区)』では現在建て替え工事の真っ最中です。

今回も少しずつではありますが、普段なかなか見ることが出来ない店舗の新築工事の進行状況をご紹介していきますので、引き続きご覧ください。

 

建て方工事編

 

前回は基礎工事までご紹介しましたので、今回は建て方工事についてお伝えします。

まず、建て方工事を始める前に足場を架けておくのですが、天気はあいにくの雨でした。安全第一で足場架けをおこないましたが、足場の職人さんやガードマンさん、雨の中ご苦労様でした。心配していた建て方工事の当日は、てるてる坊主のお陰か快晴になりました。工事はプレカット工場で加工された部材をクレーン車で組み上げていきます。

建て方工事

建て方工事

加工された部材

加工された部材

クレーン車で組み上げます

クレーン車で組み上げます

 

クレーン車のオペレーターさんや大勢の大工さん達の連携プレーによって、手際良くどんどんと組み立てられていき、2日間で無事上棟まで出来ました。

2日で組み立て完了

2日で組み立て完了

無事上棟しました

無事上棟しました

 

木造の建物には一般的に軸組工法(在来工法)と枠組壁工法(2×4工法)とがありますが、湘南店は枠組壁工法で施工しました。在来工法が柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対して、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える箱型構造になります。そのため、高い耐震性、断熱性、気密性、耐火性があるといわれています。更に、湘南店では通常の高さよりも天井高さが高い、ハイスタッドで建築しているので、外部に面している壁には2×6材を使用し、壁が厚くなることで、より耐震性、断熱性が向上している造りとなっています。

 

中間検査実施済み

中間検査実施済み

中間検査も無事に済ませ、これからは造作工事が始まります。その前に、壁や天井などの間に断熱工事も行います。グラスウール等の繊維系の断熱材ではなく、吹き付けでの断熱材によって施工することで、断熱性だけでなく気密性もまた更に高まります。

吹付断熱

吹付断熱

断熱性・気密性も高まります

断熱性・気密性も高まります

 

壁や天井が張られてしまうと断熱材は見ることが出来ないものですが、倉庫の一部を壁の中が見る事が出来るように造る計画をしていますので、ご来店の際には覗いて見ていただければと思っております。

今回はここまでになります。あとは造作工事、内装工事、展示用のキッチン等の設置と続き、外壁工事等も進んでいきます。

 


来たる5月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)開催のグランドオープン記念イベント『湘南店リノベーション&リフォームスタジオ・グランドオープン』に向けて、各職人さん、業者さん達にはご協力をいただきながら、ただいま急ピッチで工事に取り掛かっているところです。

湘南店グランドオープン
湘南店スタジオ見どころ

 

次回はいよいよ工事完成編(予定!?)になります。

どうぞ次回もお楽しみに!

建て方工事編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です