耐久性のあるシンプル施工~雨樋の色選びで一体感のある外観~

こんにちは! エールハウス湘南店、リフォームアドバイザーの石田です。

今回のブログは、耐久性のある屋根材・外壁塗料を使用し、雨樋交換もした外装工事についてお話します(現場は横浜市金沢区です)。

 

お客様のご要望

「最近、訪問販売業者から、塗装や屋根について何回も声を掛けられていたこともあり、そろそろ外装工事をしようと思っている。」と以前から工事でお付き合いのあるお客様からお声を掛けて頂きました。

『築40年経っているので、安かろう悪かろうでもなく、高すぎるでもなく、15年ぐらいメンテナンスが必要ないようなプランを考えて欲しい』

とのご要望でしたので、

  • 屋根には軽くて断熱・遮熱等の耐久性のあるもので重ね張りができ、長持ちする金属屋根材
  • 外壁には15年耐久性がある塗料

をご提案しました。

 

築40年のお客様宅は、中古で購入してから10年程が経ち、屋根は新築時からそのままで、以前住まれていた方が他社にて施工した増築部分の屋根のみ15年程経過していました。

奥は他社で増築時に施工した屋根部分

 

手前が新築時からの屋根で、大分劣化しています。奥の方が増築時に施工された屋根ですが、クラック(ひび割れ)が多く見られました。

増築部分のクラック

 

工事完了

屋根重ね張り工事

屋根施工前

屋根施工後

 

外壁塗装工事

外壁施工前

外壁施工後

 

雨樋の色選び

今回雨樋は、使用状況として劣化はしていましたが、特に問題はありませんでした。しかし、多少勾配がとれていなかったり、歪んでいる等があり、接着剤等の経年劣化で接続部分の不具合等が今後出てくる場合があるので、足場がある時に一緒に雨樋交換をお勧めしました。

雨樋を屋根と外壁になじませるため、軒樋の色を破風と同じに、竪樋の色を外壁と同じ色をご提案し、お客様からは、「屋根・塗装・雨樋もイメージ通りで、軒樋と竪樋の色を変えた事で一体感がでて樋が目立たなくなって良かった』とのお声をいただきました。

今後もお客様に満足いただける提案、施工を心がけていきます!

横浜・藤沢・湘南エリアでリフォーム・リノベーション・新築をお考えの際は、お気軽にエールハウスまでご相談下さい!

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です