清潔感あふれるブルーグレーなLDKリフォーム【計画編】

 皆さん、こんにちは! エールハウス藤沢店スタジオの川西です。 

 今回は、以前から何度も工事をご依頼いただいているお客様より、キッチンのリフォームと合わせて、リビング・ダイニングの内装工事をご用命いただきましたので

  1. 計画編
  2. 施工編

 と2回に分けてご紹介させていただきます。是非参考にしてみて下さい。

 

お客様のご要望

 まず、お客様が今回リフォームしたいと考えた、気になる部分はこのような感じでした。

  1. お手入れのしやすい最新のシステムキッチンに交換したい。
  2. トースターや炊飯器、ケトルなどの置き場を確保したいことと、折角なのでシステムキッチンと合わせた収納にしたい。
  3. キッチンの床は、システムキッチンに合わせた雰囲気の良い床にしたい。
  4. キッチン・リビングの壁紙、カーテンもこのリフォーム合わせて一新したい。
  5. リビングの床が大分傷んできている。

 お客様のご要望をお聞きし、まずは現状の確認です。

キッチン

 非常に綺麗に日々のお手入れが行き届いており、まだまだ現役で使えそうなキッチンですが、やはり年季ものなので使い心地に限界を感じているとのことでした。

キッチン

既存のキッチン

 数十年の年季を感じさせないほどピカピカに磨き上げられたステンレスのワークトップですが、木製の扉はところどころ木肌が剥がれてきてしまっています。

キッチン

既存のキッチン 扉

 こちらは海外製のガスオーブンコンロです。これもまたピカピカな状態で、まだまだ使用可能な状態でしたが、日本の現在のガス安全基準に適合していないので、システムキッチンへ交換するご決意の一つとなりました。

海外製のガスオーブンコンロ

海外製のガスオーブンコンロ

食器棚・収納

 キッチンの背面に鎮座していた食器棚です。

 トースターや炊飯器の置き場に困っておられました。

キッチンの床

 キッチンの床はクッションフロアシート仕上げでしたが、ある日から丸いビス頭が浮き出てきて気になっていたとのことでした。

床のビス頭浮き

キッチン壁紙・リビング内装

 リビングの床はカーペット敷きでしたが、可愛いワンちゃん数匹と暮らしていることと、長年の経年劣化でだいぶ傷んでしまっているのが気になるとのことでした。

カーペットの痛み

カーペットの痛み

リビング内装

 

お客様へのご提案

 キッチンは、エールハウス藤沢店スタジオに展示してある『クリナップのステディア』を見ていただき、デザイン、使いやすさ等々その製品クオリティの高さに納得いただいておりましたので、同キッチンを軸に内装の仕上げを組み立てていきました。

松たか子さんのCMでお馴染みのステンレスキャビネットキッチンのステディアです。以前の商品名がクリンレディといえばそのクオリティをご納得される方も多いはず。出典:クリナップHP https://cleanup.jp/kitchen/stedia/

 

 キッチンの仕様は、お客様とみなとみらいにあるショールームで打合せさせていただき、実際のサンプルや使用具合を確認いただきながら決めていきました。

 こちらが そのプランになります。

 とても清潔感があり、さわやかなクリスタルブルーグレーのキッチンの扉のカラーが今回のリフォームのポイントです。

 この色がとてもおしゃれで、今回のリフォームすべての仕上げ材のイメージの決め手となりました。

 さらにこの色をより一層引き立ててくれたのが米国デュポン社のコーリアン(R)の人大カウンターです。

 他社では真似できないと言われているホワイトを基調とした流れ模様に、お客様も私も一目ぼれしてしまいました。この流れ模様はひとつとして同じ模様にはならない為、まさに一点物の価値が生まれます。

 流し上のメインの棚は、限られた作業スペースを効率よく使用するためにハンドムーブ式の水切りラックにして、普段ワークトップに水切りをラックをおかなくて済むようにしました。

 レンジフードは、『洗エールレンジフード』を選びました。自動洗浄機能が付き、今後の家事がとっても楽になります。

 引出しの取っ手は、バー取っ手を選定しました。
 スッキリとキッチンを見せることが出来るライン取っ手ですが、引き出しを開けるときに手を逆手にしないと引き出せないので、将来的に手に力が入りにくくなったりしたときに少し引き出しにくくなる場合があります

 一方、バー式の取っ手だと逆手はもちろん上からしっかり握って引き出すこともできるので大変便利です。デザインももちろん大事ですが、そのあたりも取っ手のデザインを選ぶ際に気にかけておくポイントだと思います。

 キッチンの床は、ブルーグレーのキッチンを更に際立たせる為に、『DAIKENのハピアフロア鏡面石目調』を選定しました。私のブログでも度々出てくるこのフローリングは、お客様満足度がほんとに抜群です。

出典:DAIKEN HP https://www.daiken.jp/

 キッチンの壁紙はお客様が手芸をされているとのことから、テキスタイルで超有名なウィリアムモリスとリリカラがコラボした柄を選ばれました。キッチンとおなじく、優しいブルーの色味が一層気分を高めてくれること間違いなしです。

出典:リリカラ HP https://www.lilycolor.co.jp/

 天井の照明は、スッキリとした空間を演出するため、埋込のダウンライトに変更します。

既存のシーリングライト

 リビング床のポイントは、一緒に暮らすワンちゃんたちにも優しいフローリング材でした。
 通常のフローリングだとワンちゃんが滑り、うまく歩けず場合によっては重大な健康被害が出てしまいますので、ペット対応のフローリング材を選定しなければなりません

 数多くあるフローリング材の種類ですが、ペット対応の物は意外に少なく、また、ペット対応のフローリングであっても殆んどが木目調の特殊シートのフローリング材になってしまいます。
 本物志向のお客様ですので、単板突板材のペット対応のフローリングをご提案したい!と調べてみた所、『朝日WOODTEC社のライブナチュラル+for DOG』という素晴らしいフローリング材があることがわかりました。
 元々、同社のライブナチュラルシリーズは、無垢材?と見間違うほど意匠に富んだフローリングでしたが、意匠はそのままにペット対応の物があったなんて!テンションがあがりました。こちらを提案したところ、お客様も気に入ってくださったので、このフローリング材に決定しました。

出典:朝日ウッドテックHP  https://www.woodtec.co.jp/images/pdf/digital_catalog/LN_forDog.pdf

 

 次回は『施工編』になります。どのような完成になるかお楽しみに!

 

 エールハウスでは、建築士、インテリアコーディネーター、また整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト等の住まいに関わる資格を持った女性スタッフがおります。是非、お気軽にご相談ください!

お問合せ

 


 

 エールハウスでは、『皆様の暮らしが快適で笑顔があふれる住まいづくり』をきめ細かくお手伝いさせて頂きます。

 エールハウスの各スタジオでは、常設で水廻り設備などを展示しています。お住まいのご相談やスタジオ見学など、お気軽にお近くのエールハウススタジオへお立ち寄りください。皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております(^^)/

 

★スタジオ情報は下のスタジオ写真をクリック★

湘南店スタジオ

旭店スタジオ

藤沢店スタジオ

 

★各スタジオの紹介動画もYouTubeにて公開中です★

旭店スタジオ★キッチン紹介

湘南店スタジオ★キッチン紹介

藤沢店スタジオ★システムバス紹介

 この他にも、様々な動画を公開中です!

新築物件紹介

中古マンションリノベ

インスタにて施工写真公開中♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です