【大切な家を守る】やるなら今!竜巻・突風対策

いつも読んでいただきありがとうございます!
旭店店長の小林です。
 
 
最近、大雨での災害、被害が連日ニュースで流れていますよね・・・
そこで、今日は自然災害の『竜巻・突風』被害を事前に防ぐための対策を今回はご紹介します!
 

まず、家の中でも注目すべきポイントは窓!窓は太陽の光や風、四季折々の風景を家の中に取りこむ大切な住宅部品。しかし、ガラスでできているため断熱性能が低く、また割れてしまえばその破片が凶器となって命を奪ってしまう、なんてこともあるんです!(こわ~い)

 
そのような台風・竜巻による強風はもちろん、春の突風でも植木鉢や屋根材が飛んで、ご近所のガラスを割り、ケガをさせてしまったというケースも少なくないのだとか!中には、お店の看板がまるごと飛んできて被害を受けた、なんてこともあるんですよ。
大きな竜巻の場合、窓ガラスが割れて家の中に突風が入ってくると、家中を強風が吹き荒れ、その勢いで屋根が持ち上げられ、屋根がまるごと飛ばされてしまう事も…。
それを防ぐ対策として、
  • 飛ばされるものが無いよう、家の周りにある物をシッカリと固定し、周囲に被害を与えないようにする
  • 加えて窓ガラスが割れないように飛散防止フィルムを貼っておく事も必要です!
    台風や竜巻、突風による被害から我が家を守るためには、窓ガラスをむき出しにしないことが大切ですよ。

 
現在では、アルミサッシが主流となり昔に比べるととてもしっかりしていますよね。昔は竜巻・突風などがくるとなると、窓ガラスに板を打ち付ける(古いですかね(T_T))などの対策をしていたとか。現在では雨戸やシャッターがありますので、そのようなことをする必要がなくなりました。でも建て売り住宅などでは、2階の窓に雨戸やシャッターが付いていないお家もあります。
窓に何もついて無い住宅は、竜巻・突風などによる飛来物から我が家を守るためには、やはり雨戸やシャッターを付けて窓を守る事が大事ですよね。それが安全を高めるポイントの1つになるのではないでしょうか。雨戸やシャッターは、今ある窓サッシに簡単に後付けできる商品もあります。窓の脇に雨戸をしまう戸袋を取り付ける壁が壁が無い場合は、シャッターの取り付けを検討してみてくださいね♪
 
 

【既に雨戸があるお家は…】

  • 開閉がスムーズであるか
  • ガタツキがないかどうか
  • 外れやすくないか

をしっかりと確認しておく事が必要です。

開閉がしにくいと、いざという時にサッと閉めることができず、またガタツキがあると強風で外れてしまう可能性があるのでチェックしてみましょう。

 

 素早く閉めたい方にはシャッターがおすすめ!

さらに電動式なら窓を開けずに、家の中からリモコンやスイッチでシャッターを閉めることもができますよ。集中制御システムを取り付けておけば、複数の窓シャッターを1箇所のリモコンで操作することも可能♪!(^^)!
 
雨戸やシャッターが取付けできない小窓には、面格子の取り付けリフォームをしておくのも◎
面格子を取り付けしておけば、たとえ台風や竜巻、突風による大きな飛来物があったとしても、窓ガラスが割れるのを最小限に防ぐこともできます。さらに空き巣対策として防犯対策にも期待できますよ♪
 
 

横浜・藤沢・湘南エリアでリフォーム・リノベーション・新築をお考えの際は、お気軽にエールハウスまでご相談下さい!

お問合せ

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です