実家の二世帯住宅を検討している方へ
実家の2世帯リノベーショントップ画像
実家の2世帯リノベーショントップ画像

エールハウスだからできる実家の二世帯リノベーション

エールハウスは、創業以来40年以上の実績を重ね、親子代々にわたり世代を超えてお客様にお付き合いさせていただいてきました。経験豊富な一級建築士、宅地建物取引士などの建築や不動産のエキスパートが暮らしと住まいを親子世代に渡ってサポートします。また、提携している税理士、司法書士、公認会計士などが相続対策などにも対応。各分野の専門スタッフが実家の二世帯リノベーションについて解決いたします。横浜・湘南・藤沢・逗子・横須賀で実家の二世帯リノベーションはエールハウスにお任せください。

2世帯リノベーション解説画像

株式会社エールハウス代表取締役 伊丹 勇司
一級建築士・宅地建物取引士

この様なお悩みをお持ちの方・・・

親世帯に良くあるお悩み

  • 冬寒い
  • 夏は暑い
  • 耐震性が心配
  • 建替えにはお金もかかる
  • 長年住んできた家を取り壊すのは抵抗がある

2世帯リノベーション解説画像

子世帯に良くあるお悩み

  • 新築を建てたいけど、予算内で実現するのかしら…
  • 両親が建てた住まいを出来れば残したい
  • 共働きで子供の面倒を見るのが大変
  • 都心は土地が高くて…
  • 高齢になった両親が心配

2世帯リノベーション解説画像

そんなお悩み解決するために、実家の二世帯リノベーションがおすすめです

2世帯リノベーション解説画像
2世帯リノベーション解説画像

 


2世帯リノベーション解説画像

世帯にとっては建て替えるより安く、新築同様に新しくなり、さらに子世帯にとっては土地を買う必要がないため、新築より安く新居を得ることができます。また、リノベーションなら税金やローン控除なども安く済みます。
安く済んだ分を子供の教育資金や旅行に使うなど日々の暮らしを豊かにすることが可能です。また、共有部分が多いなど、ガスや水道代などの光熱費のランディングコストをおさえることも可能です。

 

2世帯リノベーション解説画像

 


2世帯リノベーション解説画像

「共働きで、小さな子供もいるので、家事サポート等もしてもらい、助かっている」という、こうした声は二世帯住宅ならではですね。そして、小さな子供にとって親世帯の父母(祖父母)と過ごすことはいろいろなことを吸収する貴重な経験にもなります。孫の成長を間近に見れるという幸せを親世帯の父母(祖父母)も感じられるため、双方にとって大きなメリットがあると言えます。一方、老後を見据え、親を間近に見れる安心感も見逃せないメリットです。

 

2世帯リノベーション解説画像
2世帯リノベーション解説画像

 


2世帯リノベーション解説画像

耐震性能が低いと安心して生活ができません。上部構造評点1.0点以上の耐震性能が高い家は地震で倒壊しにくいと言われます。上部構造評点とは、地震に対する強度を表す数値です。1.0が基本となり、補助金なども1.0以上がルールとなっています。昭和56年以前に建てられた家屋の約8割は0.7以下、つまり倒壊する可能性が高い状況になっています。

耐震リノベーション

耐震の実態

2世帯リノベーション解説画像

筋かいがなく不安定

2世帯リノベーション解説画像

徹底されていない接合部

2世帯リノベーション解説画像

新しい家でも、耐震性に問題があると倒壊の恐れがあります。

2世帯リノベーション解説画像

制震の目的は、揺れを吸収すると同時に、地震力を他の力に変えることです。繰り返される地震の揺れを押さえ、構造体(建物)を損傷させる力を弱めるのが制震です。
制震には様々な方法が用いられますが、木造住宅では「制震ダンパー」という装置を取り付けることで、地震の揺れを軽減することが可能です。制震ダンパーとは、粘弾性ゴムや油圧を使った器具で、地震の際にしなやかに動くことで、地震の揺れを分散する装置です。

 

エールハウスでは、一級建築士で横浜市木造住宅診断士(耐震診断)のスタッフが、横浜市指定で専門の耐震診断ソフトを使い、ご自宅の耐震性能を数値でチェックします。数値に基づいた的確なアドバイスも行います。多数の耐震工事の実績もありますので、ご自宅の耐震性が気になる方や、地震に強い家に住みたいなど、お気軽にご相談下さい。また横浜市では木造住宅耐震改修促進事業を行っており、これは木造の個人住宅の耐震改修工事費用の一部を横浜市が補助をする制度です。エールハウスは本事業の登録事業者ですので、本制度を利用しての耐震改修工事も可能です。

2世帯リノベーション解説画像

株式会社エールハウス
横浜店店長 後藤茂
一級建築士・横浜市木造住宅診断士

断熱リノベーション

断熱性能を向上させると、健康に優しくなります。例えば、室内の温度差が生む怖いヒートショックリスク。暖かい部屋から寒い部屋に移動(又はその逆)すると、急な温度変化の為、急激に血圧が変化し、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクが高くなります。ヒートショックで亡くなる方は年間17,000人、交通事故の4倍と言われています。特に気温が下がる冬にヒートショックにより亡くなる方が増加し、諸外国と比べてみても、日本が一番多く発生しており、断熱性能は先進国で最低水準と言われています。断熱性能を高めることで、脳血管疾患や心疾患が80%以上改善され、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患も改善されたというデータがあります。健康が改善されることにより、医療費が先30年で一人当たり90万円軽減されるというデータもあり、健康住宅は、家計にも優しくなります。

2世帯リノベーション解説画像
2世帯リノベーション解説画像

吹付断熱で隙間なく壁や天井を断熱します。わずかな隙間にも入り込み、気密性を向上させます。

 


2世帯リノベーション解説画像

エールハウスではリフォーム・リノベーションで使う素材も厳選しており、健康で穏やかな暮らしには自然素材の力が必要であると考えています。壁は調湿性や断熱性に優れた珪藻土、木材は足元に温もりを感じられる厳選した無垢材を使用し、健康に優しく、五感を育む住まいづくりをご提案。自然素材ならではの断熱性や調湿性、保温性などの効果も期待できる安心の自然素材を提供します。

自然素材

珪藻土

2世帯リノベーション解説画像

壁には珪藻土を使用。珪藻土は、藻類の一種である珪藻(ケイソウ)が、海底や湖底に堆積して化石化したもので、スポンジのように多くの小さな穴を持つ多孔質のため、調湿性・吸水性・消臭性・断熱性・耐火性・遮音性に優れています。自然素材である珪藻土は、室内の空気を清潔に保つため、小さなお子さんがいる家庭でも安心してご利用いただけます。

無垢材

2世帯リノベーション解説画像

木材は厳選した無垢材を使用。無垢材は素足でも体温が奪われにくく、温もりを感じられるメリットがあります。無垢材は吸湿性に優れ、湿度が高い夏場には湿気を吸い、乾燥している冬場には湿気を放出します。 そのため、夏は空気がさらっとして涼しく感じ、裸足で歩いてもべたつくことはありません。 冬は、お部屋が乾燥しすぎることを防ぎ、暖かく感じます。無垢材は長年使い込んでいく事で、色味が変わり味わいが出てきます。住めば住むほど、愛着がわき、良さを実感できるお住まいになります。ご要望に応じて、オーク、メープル、ウオールナット等ニュージーランド産材もご提案できます。

 


2世帯リノベーション解説画像

相続対策にも有効です

相続税改正により、相続税が身近なものとなり、課税対象者が増加する見込みです。相続財産として、土地・建物が大部分を占めるケースが多く、中でも土地の評価を如何に下げるか、が相続対策の一つのポイントとなります。そこで「小規模宅地の特例」という制度があります。これは何かというと、自宅の土地、その土地を同居している親族、奥様とかお子様とかがその土地を相続しますと、評価額が80%下がるというものです。これは、二世帯住宅リノベーションでも有効です。エールハウスでは、提携している税理士、司法書士、公認会計士などが相続対策などにも対応しますので、安心してご相談下さい。

2世帯リノベーション解説画像

実家の二世帯リノベーションはエールハウスにおまかせ!

実家の二世帯リノベーションと言っても、その形は様々です。まずは、自分たちに合った二世帯の形を見つけることが実家の二世帯リノベーションの成功のポイントになります。エールハウスの二世帯リノベーションでは、経験豊富な一級建築士、宅地建物取引士などの建築や不動産のエキスパートがお客様のライフスタイルをお聞きした上で、二世帯リノベーションの形を提案させて頂きます。女性建築士や、インテリアコーディネーターも在籍。キメ細やかな対応、親子間の意思疎通のやり取り、将来的なアドバイス、工事後の保証についても安心してお任せください。

エールハウスの実家の二世帯リノベーションの事例をご紹介!

CASE 01まるで新築!築30年の実家を二世帯にフルリノベーション

 

娘さんご家族と同居するために二世帯住宅にリノベーションをしたい、家族みんなでバーベキューをしたいので大きいウッドデッキがほしい、親世帯・子世帯と生活スタイルが違うのでプライバシーを考慮してほしい、奥さんがピアノの先生で自宅でピアノを弾くため近所への防音対策してほしい、断熱性など建物の性能をアップしてほしいなどお客様のご要望に応えた半融合型の実家の二世帯リノベーションです。

2世帯リノベーション解説画像

お金や税金のお悩みについてもエールハウスにお任せ!

エールハウスでは、提携している税理士、司法書士、公認会計士などが相続対策などにも対応。また住宅ローンアドバイザーによる住宅ローンのお悩みなど、各分野の専門スタッフが協力して実家の二世帯リノベーションについてバックアップ。お得に賢く理想の家づくりを行います。

2世帯リノベーション解説画像

セミナーも随時行っております

「実家の二世帯リノベーションについて興味はあるけれど、よくわからない」「どんなリノベーション工事が出来るかを知りたい」「リノベーションにかかる費用はどのくらいなの?」など、実家の二世帯リノベーションについてお悩みがある方、エールハウスでは随時セミナーを開催しております。ご興味がある方は、是非お問い合わせください。

実家の二世帯リノベーションを成功させるポイント

  • わが家に込められた想いを共有する
  • 生活費その他、お金はそれぞれで。お互いのプライバシーへの配慮は妥協しない
  • "直接言いづらいことは、プロのせいにする"
  • 構造がからんだ大規模なリノベーションの場合は住宅を知り尽くした建築のプロに相談する
  • 子育て、介護などお互いのサポートを見据えて動線や間取りに配慮する
2世帯リノベーション解説画像

2世帯リノベーション解説画像

フォーム入力

必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
-(ハイフン)無し入力でご住所が自動で入力されます
必須都道府県
必須ご住所
必須ご来店希望店舗
必須ご来店希望日時 第一希望 希望日

希望時間(10時~19時の間でお選びください)

分 
任意返信方法

※電話連絡を希望するを選択された方はご記入ください。
必須お住いのタイプ
任意お住いの築年数
任意リフォームの個所【複数を選択可】 ※工事個所が多い、全体リフォームの場合は『家全体』をお選びください。
※増築など個所を選びにくい場合や決定前の場合は、『その他』をお選びください。

全 体

水回り

外回り

居 室

その他

任意ご希望の着工時期
任意ご予算

ご予算の目安

※ご予算が「未定」、「不明」の場合でも大まかな金額を選択してください。

任意その他のご意見・ご要望



エールハウス新築・注文建築

経験豊富な建築実績で横浜、湘南、藤沢、逗子、横須賀で信頼の住まい創り

エールハウスは、40年にわたり横浜・湘南・藤沢・逗子・横須賀で経験豊富な職人と一級建築士の精度で家づくりを行ってきました。これからも皆様の様々な住まいの要望にお応えいたします。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ありがとうございます

おすすめの記事