セミナー詳細

エールハウス 住まいセミナー紹介
エールハウス 住まいセミナー紹介

今住んでいる家が寒い、暑い、耐震性が心配・・・などお悩みはないですか?横浜市木造住宅耐震改修促進事業登録事業者でもあるエールハウスが「心地よい家をつくるための方法」をアドバイスします。

1

心地よい家とは?

心地よい家とは、性能に優れた家です。性能とは、断熱、耐震、収納を言います。

2

ライフサイクルコストを見直す

家づくりでお金のことと言いますと、新築なら土地代と建物にかかるコストのことだけ、リフォームなら工事代だけがお金のことって考えてしまいます。しかし、実際は光熱費が大幅に変わってきます。しっかり断熱工事をすることで、断熱性、気密性が高まり、光熱費が下がり省エネにつながります。年間で20万円位変わってくる事例もあります。

エールハウス 住まいセミナー紹介

3

高い断熱性能による健康改善

断熱性能を向上させると、健康に優しくなります。脳血管疾患や心疾患が80%以上改善され、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患も改善されたというデータがあります。健康が改善されることにより、医療費が先30年で一人当たり90万円軽減されるというデータもあり、健康住宅は、家計にも優しくなります。

4

ヒートショックリスクの軽減

室内の温度差が生む怖いヒートショックリスク。暖かい部屋から寒い部屋に移動(又はその逆)すると、急な温度変化の為、急激に血圧が変化し、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクが高くなります。ヒートショックで亡くなる方は年間17,000人、交通事故の4倍と言われています。特に気温が下がる冬にヒートショックにより亡くなる方が増加し、諸外国と比べてみても、日本が一番多く発生しており、断熱性能は先進国で最低水準と言われています。

5

築30年 耐震の実情

耐震性能が低いと安心して生活ができません。上部構造評点1.0点以上の耐震性能が高い家は地震で倒壊しにくいと言われます。上部構造評点とは、地震に対する強度を表す数値です。1.0が基本となり、補助金なども1.0以上がルールとなっています。昭和56年以前に建てられた家屋の約8割は0.7以下、つまり倒壊する可能性が高い状況になっています。

エールハウス 住まいセミナー紹介
エールハウス 住まいセミナー紹介

6

耐震性能と安全

耐震性能が低いと安心して生活ができません。上部構造評点1.0点以上の耐震性能が高い家は地震で倒壊しにくいと言われます。上部構造評点とは、地震に対する強度を表す数値です。1.0が基本となり、補助金なども1.0以上がルールとなっています。昭和56年以前に建てられた家屋の約8割は0.7以下、つまり倒壊する可能性が高い状況になっています。

エールハウス 住まいセミナー紹介

7

耐震リフォーム・リノベーションでできること

リフォーム・リノベーションで耐震性を1.0以上にあげるためには、金具で補強したり、場合によっては面で支えるような補強方法もあります。

8

まずはご自宅の耐震診断を

エールハウスでは、横浜市指定で専門の耐震診断ソフトを使い、ご自宅の耐震性能を数値でチェックします。数値に基づいた的確なアドバイスも行います。

9

エールハウスのリノベーション

横浜市港南区S様邸のご紹介。築46年で耐震・断熱性が不安ということで、建物の性能向上のためリノベーションを行いました。建替えよりコストも下げられ、リノベーション前に比べ収納2倍、耐震3.7倍、断熱5倍超と大幅な性能向上となりました。

たくさんのお客様の耐震リノベーションを行ってきたエールハウスだからこそお伝えできる情報が満載です。お客様の不安や疑問にお答えします!

 

 

最近、良く聞く「空家問題」。このまま空き家が増え続けると将来は3戸に1戸が空家になると言われています。エールハウスでは、住まいの円滑に「責任ある所有者・利用者」へ引き継ぐための一連の活動としての「住まいの終活」をすすめております。建物をリノベーションして二世帯で住む、売却や賃貸などによる建物の利活用をエールハウスの一級建築士・宅地建物取引士がわかりやすくアドバイスします。

1

住まいの終活とは?

住まいの終活とは、「相続が発生する前から、所有者やその相続予定者が、住まいに関わる様々な情報を整理・共有し、相続発生後の選択肢を考え、そのために安心して相談できる人的なつながりを作っておくなど、住まいを円滑に「責任ある所有者・利用者」へ引き継ぐための一連の活動」をいいます。
野澤千絵(2018)『老いた家 衰えぬ街』講談社現代新書より引用

2

増え続ける空家

現在、空き家が社会問題化しており、ここ何十年も空き家率が上昇し続けています。2033年には3戸に1戸が空き家になるともいわれており、横浜市、藤沢市も例外ではありません。特に「横浜市栄区」は関東全体で空き家の予備軍率ランキングが1位との結果も出ています。

3

空き家の諸問題

空き家を持つことによるコストは土地・建物の固定資産税、庭木などの伐採費、空き家を定期的に見にいくための往復交通費、天災などによる修繕費など多岐に渡り、年間10万~30万は必要だと言われています。また、空き家が近隣住民に迷惑を掛けていないか、放火されないか、不審者や動物が棲みついていないかなどを心配する精神的な不安もつきまといます。あなたの家を「問題先送り空き家」とならないためにも「住まいの終活」を今から始めましょう!

4

空き家の諸問題

エールハウスでは、「問題先送り空き家」にならないよう、早めの利活用をおすすめしています。お客様の状況に合わせて、適切なアドバイスをいたします。不動産に関しても当社の宅地建物取引士がわかりやすく説明いたします。

エールハウス 住まいセミナー紹介

5

実家二世帯リノベーションをおすすめする3つのメリット

想いのつまった実家、我が家に込められた両親の想いを共有し、次世代に引き継ぐための実家二世帯リノベーション。実家二世帯リノベーションには、「安心感・経済的・相続税対策」の3つのメリットがあります。暮らしに合わせて選択できる4つの同居タイプ。エールハウスでは、経験豊富な一級建築士がお客様に寄り添い、親身になってアドバイス致します。

メリット1 安心感

子供世帯からすると、家事サポート等をしてもらい、一方、老後を見据え、親を間近に見れる安心感は二世帯住宅ならではのメリットです。
小さな子供にとって親世帯の父母(祖父母)と過ごすことはいろいろなことを吸収する貴重な経験にもなります。孫の成長を間近に見れるという幸せを親世帯の父母(祖父母)も感じられるため、双方にとって大きなメリットがあります。

メリット2 経済的

リノベーションすることで、建て替えるより安く、新築同様に新しくなり、子世帯にとっては土地を買う必要がないため、新築より安く新居を得ることができます。特に、横浜、藤沢は土地が高いので、土地代がかからないという事は大きなメリットといえます。
また、リノベーションなら税金やローン控除なども安く済みます。安く済んだ分を子供の教育資金や旅行に使うなど日々の暮らしを豊かにすることが可能です。

メリット3 相続税対策

相続税の改正により、相続税を支払う人が増えています。実家の二世帯リノベーションを行うい、「小規模宅地等の特例」を利用することによって、土地の評価額を最大80%減らすことが可能です。また、リノベーションをすることで、相続税課税対象額も減るが、家の価値が変わらないというのもメリットです。

エールハウス 住まいセミナー紹介

6

実家の二世帯リノベーションの4タイプ

それぞれの暮らしに合わせて選択できる、実家の二世帯リノベーションの4つの同居タイプ。それぞれの家庭に合った形でメリット、デメリットをご説明します。

7

実家を二世帯にフルリノベーション

横浜市旭区H様邸のご紹介。娘さんご家族と同居するために二世帯住宅にリノベーションをしたい、家族みんなでバーベキューをしたいので大きいウッドデッキがほしい、親世帯・子世帯と生活スタイルが違うのでプライバシーを考慮してほしい、奥さんがピアノの先生で自宅でピアノを弾くため近所への防音対策してほしい、断熱性など建物の性能をアップしてほしいなどお客様のご要望に応えた半融合型の実家の二世帯化リノベーションです。

実家の二世帯リノベーションを成功させるためには、

  1. わが家に込められた想いを共有する
  2. 生活費その他、お金はそれぞれで
  3. 直接言いづらいことは、プロのせいにする

ことです。

住まいの終活&実家の二世帯化リノベーションセミナーいつでも受け付けております。
住まいの終活、実家の二世帯リノベーションをお考えの方、まずはセミナーへご参加ください。

 

 ■ セミナー申込フォーム

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
-(ハイフン)無し入力でご住所が自動で入力されます
必須ご住所
必須参加人数
任意質問事項

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。


エールハウス 外壁塗装

お住いに最適な工法・材料をご提案いたします。


外壁塗装キャンペーン

工事の流れ

  1. ご近所あいさつ
  2. 足場・ネット養生
  3. 高圧洗浄・養生
  4. 下地処理・下地調整
  5. 外壁下塗り・中塗り・上塗り
  6. 確認作業
  7. 足場解体・清掃
  8. ご近所あいさつ

スタンダートシリコンプラン ➡ ¥71.6万円~

プレミアムシリコンプラン ➡ ¥84.4万円~

遮熱シリコンプラン ➡ ¥91.8万円~

建坪24坪の場合(足場含む)