Vol 20 玄関廻りリフォーム

~外壁塗装を考えているタイミングと折り込みちらしの出会い~

横浜市南区 北井様

kitai

玄関ドアの老朽化により、昨年頃からドアが開けづらくなってきて、修理や調整しただけでは直らない状態になったのが今回のリフォームのきっかけです。そして、玄関ドアを交換するにあたり既存の壁を解体しなければならず、わが家の耐震性能も気になっていたので玄関廻りの耐震工事、さらには大容量収納の下駄箱の設置もお願いしました。
リフォーム工事をエールさんに依頼したのは、以前にも内装・外装、水廻り等の工事をお願いして、わが家の構造をしっかりと理解していただいている信頼のおける会社であると思っていたからです。そして、日頃から何かにつけて家のことを気にかけてくれましたからね。気が引ける小さな問題でも気軽に相談できるところってなかなかありません。ですから今回のリフォームの場合、会社選びに迷うことはなかったですね。

リフォームされてからのご感想

「じっくり話を聞いてくれて、満足のいく提案」
 玄関ドアを決めるために、実際のものをショールームで見せていただきました。昔のドアと異なり、現在主流のドアは思ったより高さがあるのには、少し驚きました。新しいドアは、トステムの最高級ドアです。重厚感があってとても気に入っています。ショールームでは気がつかなかったのですが、以外に重いな~とは思いましたが(笑)。それと、最近の車のようにキーレスのタッチキーなので帰宅の際にわざわざ鍵を鞄から出す必要もなく、大変使い勝手が良くなりました。
今回のリフォームを経験して強く感じたのは、どこの家でもそうだと思うのですが、長年住み慣れた家だけにリフォーム工事となると、「ああしたい」「こうしたい」という希望がいっぱい出てきます。”そうした要望をしっかりと聞き入れて、満足のいく提案をしてもらいたい”ということをどこの家庭でも期待していると思います。 そのためには、じっくりと時間をかけてプランを煮詰めてくれる会社を選ぶことが大事だと思います。エールさんのリフォームには、まさにその考えが貫かれていた気がしますね。これからも住まいのことをよろしくお願いします。

kitai_genkan

川西 龍大

川西 龍大
(かわにし・たつひろ)
【旭店・二級建築施工管理士】

担当は私です
ご満足いただけてホッとしています。これからも定期的にお住まいのご様子を拝見させていただきます。こちらこそよろしくお願いいたします。

リフォームお客様事例一覧へ