株式会社エールハウス 社員募集社長挨拶

社長メッセージ

勝ち組の最たる会社 -株式会社エールハウス

せっかく入ったのに会社が潰れては困りますよね。安心して務められる会社を選びましょう。 エールはこれまでどんな時代変化があっても勝ち続けてきました。

1) 倒産の一番多い業種は建設業なのです。勝ち組しか残れません
時代と共にライフスタイルが変化してきています。新築に、増改築リフォームに、たえず時代に合う研究をして提案・施工をしているから勝ち組になれているのです。

2)お客様に信用される会社が勝ち残ります

エールハウスはハウスメーカーのように施工業者への丸投げはしていません。 すべて元請け工事です。お客様の想いを共有しながらプランづくり、そして見積もり・材料手配から現場の監理まで責任を持ってすべて自社でやっているのでお客様の信用が厚いのです。売上の7割以上がリピート客で、しかも3度、4度、5度と声を掛けてくださるお客様が多いのがその証といえましょう。

3) エールはいつまでも挑戦し続けます

売上は、お客様をどれだけ満足させられたか、どれだけお役に立ったのかの現われです。 エールは県下でお客様に一番信用されている会社になろうとしています。つまり最も安定した会社、実力ナンバーワン、社員の将来が安心できる会社を目指して日々挑戦しています。人が多いことは自慢になりません。

経営基盤がしっかりしています

エールは銀行から社債を発行してほしいと言われる程、信用されています。会社は、ヒト、モノ、カネをうまく活かすことで栄えていきます。

1)挑戦意欲一杯の少数精鋭

社員30名、少数です。精鋭ぞろいです。みんなは、先を見ていかに美しく安全で快適な、しかも省エネで経済的な住まいを提案、そして成功できるか、デザイン・設計・材質と、それぞれの研究に調整しています。公的資格挑戦を支援しており、現在有資格者は1級建築士4名、2級建築士5名、また宅地建物取引士4名となっています。

2)健全な財務体質

仕事があっても、お金が回らなくて倒産する会社が後を絶ちません。 エールの財務体質は健全で、銀行から借り入れをしなくても大丈夫な体質を維持しています。

先を読みながら方向軸からブレません-信念を曲げません

今の世は激しい変化の連続です。それだけに変化に振り回されているとたちまち倒産の憂き目にあう。5年後、10年後、将来と、己の詩型を設定し、これを見失わないよう計画的にすすめていく。これがエールのやり方です。 エールは、必ずやりぬく将来のビジョンを持ち、明日のあり方に向かって質しながら方向軸を定め、これにブレずにすすむ計画経営をおこなっています。

1)会社の信念

お客様のお役に立たない会社は不要です。エールはお客様から 「あなたのお客でよかった」、「あなたに頼んでよかった」と言われる会社づくり をしています。 この会社づくりのために、「安定した会社」、「楽しく働きがいのある会社」、「ともに励む会社」に方向・実践の軸をおき、信念をもって貫き通します。

2)先読み経営

世の中が直ぐ変わるから先々の計画なんてムダだ、というヒトもいるでしょう、でもゴールがなければ挑戦とはいえません。計画とは将来このようになる姿を今の時点で決めることです。エールはビジョンに向けて中長期と年度の計画を策定し挑戦し続けています。

自分自身の信用力を高める会社-社員とともに幸せづくり

エールはたえずお客様・社員・職人・地域の人々の幸せを求めています。 社員や職人が幸せでなければお客様に喜んでもらうよい仕事はできません。会社はよい社員、よい職人あってこそ発展します。

1) 仕事の満足感があなたを育てます

完成した仕事に満足されたお客様が笑顔でありがとうと言われた時のうれしさ、その笑顔にこれまでの苦労が癒されます。お客様の満足感イコールわれわれの生き甲斐といえます。

2)仕事に向かう姿勢・態度は信用力を磨くため 建築の仕事に楽はありません。

お客様の要望以上の満足を提供するのがわれわれの務めですが、どんな小さなことでもよりよい提案を研究する姿勢を崩さない。そのことが己を鍛え、磨きがかかります。

3)豊かになるための厳しさを持ち続けられますか?

勝ち続けるには、お客様にこたえられる人格・知識・能力を磨き続ける厳しさを持たなければなりません。あなたはお客様のために、自分の成長のために、自分を厳しく律しつづけられますか?エールは厳しさに耐える我慢強い人を求めています。

伊丹勇司

株式会社 エールハウス
一級建築士
社長 伊丹 勇司

watanabe1

photo_staff3

zaimoku

kansei

kazou4