パナソニックのIHクッキングヒーターを体験してきました♪

こんにちは、二級建築士の笹川です。最近は『整理収納アドバイザー1級』の資格を取得するため、猛勉強中です!

先日、横浜駅近くにあるパナソニックさんのショウルームへ最新設備の勉強会に行ってきました。今回は実際に料理をして体験してきたパナソニックのIHクッキングヒーターについてご紹介いたします♪

IH体験会

今回体験させていただいたIHクッキングヒーターは、パナソニック マルチワイドIHです。

マルチワイドIHパナソニック4口使用

このIHクッキングヒーター、すごいんです!

マルチワイドIH・ここがすごいぞ!①

調理に合わせて、3口用・4口用に使えわけが出来ます。上の写真のように4つの鍋を並べることもでき、3口だと順番に温め直していた料理も同時に調理・保温できるんです♪

また、下の写真のように大きい鍋を使いたい場合は、真ん中二つのヒーターを組み合わせて3口用にもできます。

マルチワイドIHパナソニック3口使用

大きい鍋を使わない時は、間隔をあけての3口用としても使えます。

今回のメニューは唐揚、枝豆、お好み焼き(お酒が進みそうなメニューですよね(笑))だったので、右側に茹でる用の鍋・真ん中に焼き用の鉄板・左側に揚げ物用の鍋を配置した3口用で調理をしました。

 

マルチワイドIH・ここがすごいぞ!②

コンロ手前スペース

上の写真を見て分かるように、IHコンロの手前スペースにボールが置けちゃうんです!

食材をフライパンに移した後のボールやお皿って、作業スペースやシンクに置くまでの距離がちょっと遠く感じたことってありませんか?すぐに炒め物をかき混ぜたいのに移動している時間が焦れったかったり…

そんなお悩みも、このマルチワイドIHなら解決できます!使ったら手前に置けばいいし、すぐ使いたいものは手前においとけば良し。盛り付けだって、お皿を手前に並べてその場で出来ちゃいます♪ フライパンを持って移動しなくて良し!とまぁ、古いIHを普段使用しているのでとても欲しくなりました(笑)

 

マルチワイドIH・ここがすごいぞ!③

そして、スッキリとしたデザインの静電タッチ操作パネルもとっても便利♪

光火力センサー搭載なので、焼き物や揚げ物の火力を自動コントロールしてくれます。

マルチワイドIH 操作パネル

火力を自動コントロールって?って思いますよね。何かというと、IHが自動で温度調整をしてくれるんです。

温度が上がった揚げ物鍋にたくさん食材を入れると温度が下がってカラっと揚がりませんよね。なので数回に分けて揚げていたと思います。

ところが!この光火力センサーは、温度が下がったのを検知して素早く温度を上げてくれます。

なので下の写真のようにバットいっぱいの鶏肉も一気に揚げられちゃいます♪

マルチワイドIH 唐揚
社長と新人の小倉君が揚げ物に挑戦しています♪
マルチワイドIH 唐揚
カラッと揚がった唐揚が美味しそうです♪

そして、『焼き物アシスト』機能を搭載しているので、操作パネルにあるメニューボタンを押して料理メニューを選択すると、光火力センサーが温度を正確にキャッチしながら時間や裏返すタイミングなどを音声で教えてくれます!

下の写真はお好み焼きの裏返すタイミングの音声を聞いてひっくり返すところです。

マルチワイドIH お好み焼き

鉄板の横では揚げ物の油が跳ねないように新聞紙を被せています。IHならではの調理法ですよね♪

 

マルチワイドIH 調理完成

完成した料理をみんなで美味しく頂いて、キッチンや他の住宅設備の話を聞きながら今回の勉強会は終了しました。

パナソニックの方にお願いして、エールハウスでイベントをする際に今回IHの体験をしたお部屋をお借りすることが出来ることになりました。イベントを計画しておりますので、お客様にも実際にIHを使って調理体験をしていただき、作った食事を一緒にワイワイ召し上がりましょう!

 

 

 

IH体験会